体に優しい家にするためのリフォームを徹底的に行う

老人ホームを使う

キッチン

高齢になり、自宅での生活に不安を感じたときに考えるのが有料老人ホームの利用です。しかし、そのときに悩むのがどのようにして選べばいいのかということです。ここでは、有料老人ホームの上手な選び方について説明します。 まずは有料老人ホームに関する情報を集めるところからはじめます。最近では、インターネットを使用することで地域にある施設はすべて調べることが可能です。家族の誰かはインターネットを使用できる場合がほとんどなので、多くの人はこの方法で情報を集めることが出来ます。難しい場合には都道府県の窓口に聞くことでも情報が入手できます。 次は出来るだけ多くの施設から資料を集め、比較検討することで施設ごとの特徴や平均的な費用などが見えてくるようになります。 いい施設が見つかったら、見学と体験入居を行います。資料で見るのと実際に見て体験するのでは大きく違います。納得してから契約を行うようにすると失敗が少ないです。

有料老人ホームの中には介護保険制度が利用できる施設があります。都道府県から事業者指定を受けていることが条件で、そのような施設のことを特定施設といい、特定施設入居者生活介護として介護保険制度を利用した介護サービスを実施することが出来ます。 認可を受けた有料老人ホームのみが介護付き有料老人ホームとなのることができ、24時間介護スタッフが常駐しているため、利用者は食事や排泄、入浴などの日常生活に必要な介護サービスを受けることができます。 利用者側の条件としては要介護認定を受けている必要があります。要介護度によって利用できる金額の上限が決まっているため、施設によっては超えた金額は自己負担になる場合もあるので注意が必要です。