体に優しい家にするためのリフォームを徹底的に行う

特別な車

大工

近年街中でもよく見かけるようになってきた福祉車両。一口に福祉車両と言っても様々なものが存在します。福祉車両の代表的なものに、車いすごと車両に乗ることができるものがあります。車両後部に電動リフトやスロープが取り付けられているものが一般的で、車両のサイズや作りによっては車いすを一度に2〜3台載せられたり、ストレッチャーを乗せられるものなどもあります。高齢者施設や、介護サービス事業所、福祉タクシーなどで良く使われいます。 またそれ以外にも、乗用車などの助手席が電動でスライド、回転し、体の不自由な人が乗りやすかったり、車いすからの乗り移りが容易なタイプの福祉車両も存在します。どちらのタイプも、一般車を改造して作ることもできます。

また、福祉車両とは少し違いますが、身体に障害がある人が車を運転しやすくするための装置なども存在します。例えば右足が不自由な方が運転するため、左足でアクセルを踏めるようにする装置があります。これは少しだけ改造すれば一般車両に付けることができますし、取り外しが容易なものもあり、装置を外せばすぐに元通りに戻すことができます。それ以外にも、両足が不自由な人のために、両手だけで運転できるようにする装置も存在します。 自動車以外にも、3輪や4輪の電動カートも存在します。このカートは免許不要で、なおかつ道路交通法上で歩行者扱いとなるため、歩道を走行することができます。これらを使って、乗せてもらうだけでなく、自分の残存能力を活用して行動範囲を広げることができるようになってきています。